青木あすなろ建設<1865>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年09月18日(月)01時20分配信
※この業績予想は2017年9月10日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

青木あすなろ建設<1865>

3ヶ月後
予想株価
970円

高松コンストラクションG傘下。ゼネコン準大手級で関西国際空港や東京湾横断道路など海上土木に実績。水陸両用ブルドーザ関連工法を用いての河川工事にも強み。18.3期1Q苦戦も、通期純利益は増益を計画。

震災関連など高採算工事の反動減で利益伸び悩み。新中計最終年度の20.3期営業利益は80億円を計画。リニア関連や物流施設など受注残は豊富。建て替えやリニューアル工事に注力。株価は75日線をサポートに確りか。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/150,000/7,000/7,000/4,500/80.20/20.00
19.3連/F予/151,000/7,300/7,300/4,600/81.90/20.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/09/10
執筆者:YT
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月18日(月)01時20分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。