矢作建設工業<1870>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2017年09月18日(月)00時20分配信
※この業績予想は2017年9月9日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

矢作建設工業<1870>

3ヶ月後
予想株価
1,000円

名鉄<9048>グループのゼネコンで高営業利益率が特徴。マンションなど民間建設中心に展開し、耐震工事に強み。名鉄関連からの鉄道土木にも実績。18.3期1Qは、一般建築工事や土木工事が好調も不動産が伸び悩み苦戦。

今期は大型受注一巡の影響もあり営業減益を想定。公立小中学校の耐震化一巡で耐震補強工事は低調。一般建築工事や土木工事の施工が順調で、大規模工業団地の売上減少分はカバー。株価は底打ち感強く、上向き推移か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/90,000/6,000/6,000/4,000/92.16/24.00
19.3連/F予/92,000/8,000/8,000/5,000/115.20/24.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/09/09
執筆者:YT
<FA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月18日(月)00時20分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。