ファーストリテ、7&iHD、コスモス薬品など(訂正)

フィスコ 2018年01月12日(金)16時24分配信
 ファーストリテ<9983> 49610 +28103日ぶり大幅反発。前日に第1四半期の決算を発表。営業利益は前年同期比29%増となり、通期会社計画の前期比13%増に対して順調なスタートとなっている。国内ユニクロ事業が前年同期比19%増益、海外ユニクロ事業が同55%増益、ジーユー事業が同32%増益と、主力事業が揃って好調。秋冬商戦の良好な売上高は、第2四半期における売価変更の縮小にもつながるため、コンセンサスが切り上がる状況に。

 7&iHD 4586 -66続落。第3四半期決算を発表。累計営業利益は2958億円で前年同期比8.0%増益、9-11月期は1013億円で同9.5%増益だった。海外コンビニ事業をけん引役に市場予想はわずかに上回った印象だが、国内コンビニ事業の伸び悩みなどがネガティブ視されたもよう。セブン-イレブン・ジャパンの営業利益は前年同期比6.2%減となり、減益は消費増税や夏場の天候不順が響いた15.2期の第2四半期以来となる。

 アルテック<9972> 457 +664日ぶり大幅反発で昨年来高値更新。17年11月期の業績上方修正を発表。営業利益は従来予想の4.0億円から6.3億円とした。売上原価などのコストコントロール徹底が奏効した。繰延税金資産の計上による法人税等調整額の計上で、最終利益も3.0億円から6.5億円に上方修正している。営業利益は第3四半期決算発表時にも3.2億円から4.0億円に上方修正しており、収益モメンタムの改善傾向が強まる形に。

 大有機化 1667 +300ストップ高で上昇率トップ。17年11月期営業利益は32.1億円で前期比31.4%増、昨年末に上方修正した水準での着地となった。電子材料を中心とした販売好調が背景。18年11月期も連続増益見込みとしている。順調な業績動向が評価されているほか、発行済株式数の1.34%に当たる30万株を上限とした自社株買いも発表。期間は来週から2月21日までとしており、需給改善に対する期待も高まっているようだ。

 島忠<8184> 3420 +3454日ぶり大幅反発で昨年来高値更新。前日に発表した第1四半期決算は営業利益が前期比9.8%増の26.1億円となり、市場予想をやや上回った。粗利益率や経費効率の改善が増益決算の主因となっている。通期計画の前期比5.3%増益に対しても順調なスタートとなった。一昨日発表した12月の既存店売上高が0.9%増と20カ月ぶりに前年水準を上回ったこともあり、業績回復への期待はより高まっている。

 コスモス薬品<3349> 19010 -4060大幅続落で下落率トップ。第2四半期決算、並びに通期計画の修正を発表。9-11月期営業利益は前年同期比20.6%減の40.3億円となり、市場予想を10億円強下回った。戦略的な値下げの影響などで粗利益率が想定以上に悪化しているようだ。通期計画は従来予想の223億円から200億円に下方修正、10年ぶりの通期計画下方修正となる。業績面の安心感は強かっただけに、2ケタの減益見通しがネガティブ視された。

 GSユアサ<6674> 576 -34大幅反落。ハンガリーにおけるリチウムイオン電池の工場建設が伝わり、前日は期待感が先行する展開となっていたが、本日は戻り売り圧力が強まった。三菱UFJモルガン・スタンレー<6923>証券は、始動用バッテリーは駆動用に比べ売上規模が小さく、新たな投資負担も発生するため、業績へのプラス影響は限定的と指摘。また、既に自動車始動用リチウムイオン電池の受注を公表しており、新工場建設はそれに沿ったものでもあるようだ。

 トランザク<7818> 1202 +141大幅続伸。前日に発表した第1四半期決算が好感された。営業利益は5億円で前年同期比23.6%増益、通期予想に対する進捗率は31%と順調なスタートを切っている。上半期予想では同5.2%増益にとどまっており、今後の上方修正期待にもつながっているようだ。オリジナル雑貨が好調であったほか、注目度の高い電子たばこも積極的な新規出店が奏効する形になっている。

 OSG<6136> 2719 +188大幅続伸。前日に発表した決算内容が好感された。前11月期営業利益は191億円で前期比4.9%増益、従来予想の195億円はやや下回ったが、第3四半期までの減益からは増益に転じている。期末配当金も23円から25円に増配へ。また、今11月期は220億円で前期比15.0%増益の見通しで、買い安心感にもつながっている。昨年9月高値を更新しており、売り方の買い戻しなども強まったもよう。

 竹内製作所<6432> 2972 +121大幅続伸。第3四半期決算を発表、累計営業利益は112.9億円で前年同期比3.3%減、上期決算時に修正した通期計画の数値126.5億円に対する進捗率は89%に。9-11月期での営業増益率は前年同期比58%増となっており、通期予想も上振れて、増益に転じる可能性も意識されているもよう。原料価格上昇や研究開発費増などは響くが、欧州向けミニショベルの販売台数増加などが業績底打ちに繋がっている。
<DM>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)16時24分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。