欧州為替:ドル・円は底堅い、111円付近で押し目買いも

フィスコ 2018年01月12日(金)19時15分配信
ドル・円は欧州市場で一時111円00銭まで弱含んだ。ユーロ・ドルが1.21ドル台でなお騰勢を強めている影響から、ドルに下押し圧力がかかる。また、米10年債利回りの伸び悩みで、ドル買いは後退しているもよう。ただ、111円付近は押し目買いが観測され、同水準では引き続き攻防がみられそうだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円00銭から111円44銭、ユーロ・円は134円23銭から134円81銭、ユーロ・ドルは1.2052ドルから1.2136ドルで推移した。

<TM>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)19時15分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。