日経平均テクニカル:足元でこう着感の強い相場展開に向かいやすい面も

フィスコ 2018年01月12日(金)18時15分配信
続落。引き続き年初の急騰に対する調整が続いており、5日線レベルでの攻防となった。短期的には5日線が重しになる可能性があるが、昨年11月高値水準を上回って推移しており、トレンドが転換したわけではない。ボリンジャーバンドでは+1σと+2σとのレンジ内での推移であり、過熱感は後退している状況。MACDは陽転シグナルが継続しているが、ややシグナルとの乖離が縮小傾向にある。また、出来高の5日、25日平均が短期デッドクロスをみせつつあり、足元でこう着感の強い相場展開に向かいやすい面はある。一方で、週足形状では上昇する13週線を上回っての推移が続いているほか、ボリンジャーバンドでは拡大する+1σと+2σとのレンジ内での推移が続いている。月足形状では+2σに沿った強いトレンドが継続している。そのため、長期上昇トレンドの中での一服といったスタンスであり、引き続き下値を固めつつ、次のターゲットである1991年10月の戻り高値水準となる25000円台への意識が次第に強まる格好だろう。 <CS>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)18時15分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。