雲下限である160万円処からの戻りを試す展開か【フィスコ・ビットコインニュース】

フィスコ 2018年01月12日(金)11時58分配信
1月12日12時00分時点のビットコイン(BTC)は、1,685,000円での推移となっている。一目均衡表では、割り込んだ雲のなかで、方向感の掴みにくい展開が続いていたが、雲下限(1,600,000円処)をキープしこちらがいったん下値支持線として機能した。その後は、押し目拾いの動きもみられたが、30日移動平均線が上値抵抗線として意識されており、1,600,000円-1,700,000円のレンジ内でのボックス推移が継続している。なお、本日ここまでの高値は0:00に付けた1,783,075円、安値は9:00に付けた1,613,000円となっている。

時価総額上位10位の仮想通貨では、引き続き全般売り優勢のなかで、年初から調整をみせていたリップル(XRP)が前日比5%超と押し目買いの動きがみられている。

※ビットコイン/日本円はフィスコ<3807>仮想通貨取引所、ビットコイン/米ドル及びアルトコイン上昇率はCoin Market Capを参照。なお、ビットコイン価格については値動きの関係上、ニュース作成時から大きく変動している場合がございます。あらかじめご了承ください。

<SK>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)11時58分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。