(中国)青年人口、向こう5年は3000万人減の見通し

フィスコ 2018年01月12日(金)10時45分配信
中国の政府系シンクタンクである社会科学院は最新リポートで、中国の青年人口は徐々に減少していると指摘。向こう5年は3000万人減少するとの見通しを示した。また、中国の人口学者は、2020年以降の青年人口の減少ペースが一段と加速するとの見方を示し、政府などによる対応の強化を求めている。

最新推算では、2017年の(18-44歳)の人口は5億4800万人となり、2022年には5億1800万人まで減少するという予想が示されている。なお、中国では、15-34歳の人を青年だと定義されている。


<AN>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)10時45分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。