オプティム---みちのく銀行とAI・IoTにおける戦略的包括提携を発表

フィスコ 2018年01月12日(金)10時02分配信
オプティム<3694>は11日、みちのく銀行<8350>と「金融分野」「農業分野」において「AI・IoT戦略的包括提携」を締結したと発表。両社は金融、農業分野においてAI・IoTを活用し、業務の効率化や作業負担の軽減、新たなサービスやソリューションの提供を目指すとしている。

締結内容には、1)金融機関として初の実例であるスマートアライアンスへの参画および推進、2)青森県・函館の農家への農業ITサービス提供、3)遠隔作業支援ツールを活用した農家のGLOBALG.A.P.取得支援などが含まれている。

オプティム<3694>では、昨年12月にも佐賀銀行<8395>と「金融×IT」分野における提携を発表するなど活動領域を広げている。今後もAI・IoT活用を推進すると同時に、全産業・行政領域へとAI・IoT活用を拡大させていく考え。
<MW>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)10時02分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。