コスモス薬品---急落で下落率トップ、値下げの影響による粗利益率悪化で下方修正

フィスコ 2018年01月12日(金)14時03分配信
コスモス薬品<3349>は急落で下落率トップ。前日に第2四半期決算、並びに通期計画の修正を発表している。9-11月期営業利益は前年同期比20.6%減の40.3億円となり、市場予想を10億円強下回っている。戦略的な値下げの影響などで粗利益率が想定以上に悪化しているようだ。通期計画は従来予想の223億円から200億円に下方修正、10年ぶりの通期計画下方修正となる。業績面での安心感は強かっただけに、2ケタの減益見通しにはネガティブなインパクト。 <HK>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)14時03分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。