個別銘柄戦略:新電元やうかいに注目

フィスコ 2018年01月12日(金)09時39分配信
シカゴ日経225先物は大阪比135円高の23785円となる中、これにサヤ寄せする格好から、買い先行の展開になろう。また、ファーストリテ<9983>が昨夕発表した決算評価の流れから、ADRでは4%超の上昇となっている。これを引き継ぐ格好となるようだと、日経平均株価<.N225>を70-80円程度押し上げてくる要因になるため、前日の下落部分をファーストリテ<9983>で吸収する格好になりそうである。インバウンド需要など小売セクターへの波及が意識される。その他、原油価格など商品相場の上昇傾向が続いており、資源関連への物色も続きそうである。また、米国ではJPモルガンの決算を控えているが、金融セクターには好決算を意識した先回りの動きが出てくる可能性も期待されるところ。その他、個別では新電元<6844>うかい<7621>住友大阪<5232>に格上げ等が観測されている。 <HT>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)09時39分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。