12日の日本国債市場概況:債券先物は150円48銭で取引終了

フィスコ 2018年01月12日(金)21時53分配信

<円債市場>
長期国債先物2018年3月限
寄付150円46銭 高値150円55銭 安値150円44銭 引け150円48銭
売買高総計23804枚

2年 384回 -0.140%
5年 134回 -0.080%
10年 349回  0.075%
20年 163回  0.585%


債券先物3月限は150円46銭で取引を開始し、一時150円44銭まで売られたが、
午後の取引で150円55銭まで戻した。5年債などの買いが増えたことが要因。

<米国債概況>
2年債は1.98%、10年債は2.55%、30年債は2.87%近辺で推移。利回りは
若干上昇。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.58%、英国債は1.32%、オーストラリア国債は2.75%、
NZ国債は2.83%近辺で推移。

[本日の主要政治・経済イベント]

・22:30 米・12月消費者物価指数(前年比予想:+2.1%、11月:+2.2%)
・22:30 米・12月小売売上高(前月比予想:+0.5%、11月:+0.8%)
・24:00 米・11月企業在庫(前月比予想:+0.4%、10月:-0.1%)
・02:00 ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁講演(米国経済見通し)
・06:15 ローゼングレン米ボストン連銀総裁基調あいさつ(カリフォルニア大
SD校)

<MK>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)21時53分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。