マザーズ先物概況:反発、資金の流れは好決算銘柄やテーマ性銘柄へ

フィスコ 2018年01月12日(金)16時00分配信
12日のマザーズ先物は反発。+10.0pt(+0.78%)高の1284.0ptで取引を終えた。高値は1285.0pt、安値は1276.0pt、売買高は769枚。11日の米国株の上昇を好感した買いと円高進行を嫌気した売りが交錯し、東証1部市場は手掛かり材料に欠けていた。相場に様子見ムードが広がるなか、テーマ性や好決算銘柄など個別材料のある値動きの軽い銘柄中心に資金シフトし、新興市場にもこの流れが波及した。 <SK>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)16時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。