「ホワイトリスト」の直近騰落状況【アルトコイン評価ニュース】

フィスコ 2018年01月12日(金)12時17分配信


------------

1.リップル(XRP):675%
時価総額:76,711,800,000ドル

2.カウンターパーティー(XCP):278%
時価総額:234,232,000ドル

3.カイカコイン(CICC):208%
時価総額:149,433,453ドル

4.ビットクリスタル(BCY):196%
時価総額:29,480,700ドル

5.キャッシュ(QASH):190%
時価総額:652,871,000ドル

6.NEM(XEM):167%
時価総額:13,043,500,000ドル

7.イーサリアム(ETH):124%
時価総額:122,879,000,000ドル

8.CMS:ETH(CMS_ETH):121%
時価総額:-ドル

9.フィスココイン(FSCC):111%
時価総額:39,428,957ドル

10.CMS:XEM(CMS_XEM):87%
時価総額:-ドル

11.ビットコインキャッシュ(BCH):73%
時価総額:48,880,800,000ドル

12.ザイフ(ZAIF):35%
時価総額:125,287,770ドル

13.イーサリアムクラシック(ETC):19%
時価総額:3,654,630,000ドル

14.ネクスコイン(NCXC):8%
時価総額:30,935,252ドル

15.ライトコイン(LTC):7%
時価総額:13,758,400,000ドル

16.ペペキャッシュ(PEPECASH):-8%
時価総額:73,514,000ドル

17.ビットコイン(BTC):-21%
時価総額:251,387,000,000ドル

18.モナコイン(MONA):-48%
時価総額:471,158,000ドル

------------

2017年9月29日に金融庁が正式に仮想通貨交換業者11社を認定した。そこで取り扱われている仮想通貨の一覧は「ホワイトリスト」と呼ばれている。上記データは、12月11日から1月11日の1ヶ月間におけるホワイトリスト入りしている各通貨の騰落率を計算し、降順に並べたものだ(終値ベース)。

騰落率を基準として、相対的に割安と見られる、モナコイン、ビットコイン、ペペキャッシュ、ライトコイン、ネクスコイン、イーサリアムクラシックなどの動向には注意しておきたいところ。なお、フィスコ<3807>仮想通貨取引所ではビットコインは12時16分時点で節目の1,700,000円を奪還して推移しており「短期的な個人投資家の狼狽売りが一服した可能性がある」と指摘する市場関係者もいる。


※Coin Market Cap、フィスコ<3807>仮想通貨取引所、Zaifからデータを取得して算出。なお、数値については上記の通り、データ元が異なりますので、あらかじめご了承ください。


<WA>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)12時17分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。