大有機化---ストップ高、順調な決算や自社株買いを評価

フィスコ 2018年01月12日(金)11時22分配信
大有機化<4187>はストップ高。前日に発表した17年11月期営業利益は32.1億円で前期比31.4%増、昨年末に上方修正した水準での着地となった。電子材料を中心とした販売好調が背景。18年11月期も連続増益見込みとしている。順調な業績動向が評価されているほか、発行済株式数の1.34%に当たる30万株を上限とした自社株買いも発表。期間は来週から2月21日までとしており、需給改善に対する期待も高まっているようだ。 <HK>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)11時22分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。