(中国)上海総合指数は売り先行もプラス圏回復、元高進行や経済成長への期待などで

フィスコ 2018年01月12日(金)10時53分配信
12日の上海総合指数は売り先行。前日比0.04%安の3423.88ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時48分現在、0.08%高の3428.00ptで推移している。元相場が元高方向で推移していることが支援材料。また、経済成長への期待が高まっていることも好感されている。李克強首相は10日、2017年の成長率について、6.9%になるとの見方を示した。

<AN>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月12日(金)10時53分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。