東和銀行<8558>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2018年01月13日(土)21時03分配信
※この業績予想は2018年1月5日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東和銀行<8558>

3ヶ月後
予想株価
1,800円

群馬地盤の第二地銀。埼玉、栃木、東京にも出店。17年9月末の自己資本比率(国内基準)は11.3%。コンピュータによる資産運用助言サービスを開始。18.3期2Qは大幅増益。計画比上振れ。公的資金350億円。

貸出金利回りの低下をボリューム増で補えず資金利益が減少。金融商品販売に伴う手数料収入も伸び悩む。だが国債売却益が増加。与信費用も減る。18.3期は経常益微増を確保へ。株価は業況改善期待から高値追いを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/44,000/0/10,900/8,700/235.94/30.00
19.3連/F予/45,000/0/11,300/8,900/241.26/30.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2018/01/05
執筆者:JK
<DM>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月13日(土)21時03分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。