アピックヤマダ<6300>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2018年01月13日(土)16時42分配信
※この業績予想は2017年12月30日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

アピックヤマダ<6300>

3ヶ月後
予想株価
610円

半導体後工程用装置が主力。リードフレーム金型から装置までの一貫生産が強み。ADASやIoTの普及を睨んで車載やモバイル向け半導体装置を強化。18.3期2Qは赤字継続。不適切会計発覚で東証に改善報告書提出。

顧客の投資判断の後ズレでスマホ向け装置が上期出遅れ。だが引き合い強く、下期に巻き返す。車載向け装置は順調増。18.3期は大幅増収増益へ。不適切会計に関する特損計上。財務面に課題があり、株価は横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/14,000/910/920/750/60.39/0.00
19.3連/F予/15,000/960/970/900/72.47/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/12/30
執筆者:JK
<DM>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月13日(土)16時42分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。