クラリオン<6796>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2018年01月13日(土)13時06分配信
※この業績予想は2017年12月31日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

クラリオン<6796>

3ヶ月後
予想株価
430円

車載情報機器・車載音響機器の有力メーカー。日立<6501>グループ。自動車向けクラウドネットワークサービスなど車両情報システムプロバイダーを志向。自動運転対応も推進。海外売上高比率64%。18.3期2Qは減収減益。

原価低減で米国は増益も、既存製品の不振で日本が苦戦。18.3期は減益に。ただ、自動車販売は日本で好調、米国も減税実現で復調へ。日米で主力OEM製品が回復、19.3期は増収増益を予想。当面の株価は揉み合い。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/200,000/11,000/10,500/7,300/25.90/3.00
19.3期連/F予/215,000/13,000/12,500/8,600/30.52/3.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/12/31
執筆者:HH
<DM>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月13日(土)13時06分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。