放電精密加工研究所<6469>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2018年01月13日(土)12時21分配信
※この業績予想は2017年12月30日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

放電精密加工研究所<6469>

3ヶ月後
予想株価
1,750円

産業用ガスタービン部品・航空機エンジン部品等の放電加工・表面処理の受託サービスが主力。アルミ・セラミックスハニカム押出用金型の受託製造も行う。両事業で国内首位級。金型が利益柱。18.2期2Qは増収減益。

18.2期上期の業績は低調も受注は前年比12%増と順調。利益柱の金型が同27%増と好調で放電加工等も同12%増。設備投資の増勢で両事業の受注は上伸へ。18.2期3Q以降の業績回復を予想。株価は上昇基調に。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.2期連/F予/10,790/419/400/231/31.90/15.00
19.2期連/F予/12,000/900/900/600/82.84/20.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/12/30
執筆者:HH
<DM>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月13日(土)12時21分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。