ミマキエンジニアリング<6638>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2018年01月13日(土)11時03分配信
※この業績予想は2018年1月2日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ミマキエンジニアリング<6638>

3ヶ月後
予想株価
1,200円

業務用の大型プリンターメーカー。広告や看板向けのインクジェットプリント(IJ)で世界トップクラス。インクやソフトウェア<3733>も開発。イタリアの販売代理店と合弁会社設立。18.3期2Q累計は増収、増益と好調。

18.3通期は約8%の増収、約15%の営業増益予想。インクの売上高が増加。また、北米と欧州の販売が好調。ドル、ユーロの円安傾向も業績に寄与。株価は業績の伸長を背景に年初来高値を更新。上昇基調継続へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連//52,150/2,350/2,000/1,550/51.60/10.00
19.3期連//53,000/2,500/2,200/1,700/56.61/10.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2018/01/02
執筆者:NI
<DM>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月13日(土)11時03分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。