リード<6982>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2018年01月13日(土)18時09分配信
※この業績予想は2018年1月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

リード

3ヶ月後
予想株価
500円

自動車向け樹脂・アルミ成形品メーカー。バンパーやスポイラーなどの外装部品に強い。売上の9割弱がSUBARU<7270>グループ向け。街路灯やラック<3857>などの自社製品も。配当性向20%目安。18.3期2Qはコスト増が圧迫。

SUBARU<7270>車のモデルチェンジで受注部品構成が変化し、材料費が上昇。新型車向け部品で立ち上げロスも発生。外注費や償却費が膨らむ。自社製品も振るわず。18.3期は採算悪化を予想。株価は底入れ探る展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3単/F予/4,900/-250/-220/-240/-91.35/0.00
19.3単/F予/5,300/100/130/80/30.45/5.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2018/01/03
執筆者:JK
<DM>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月13日(土)18時09分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。