電通国際情報サービス<4812>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2018年01月13日(土)10時42分配信
※この業績予想は2017年12月29日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

電通国際情報サービス

3ヶ月後
予想株価
2,800円

システム開発会社。金融や製造業向けに強み。専門分野のシステムや全ビジネスに共通する業務システム、企業と生活者とをつなぐITプラットフォームを構築。17.12期3Q累計は増収の一方、約25%の営業減益。

17.12通期は約5%増益、約3%の営業増益予想。金融業と製造業向けを中心に増収を見込む。また、研究開発活動の拡大等の販売費、一般管理費の増加を、増収と売上総利益率の改善により吸収し。株価は上昇基調へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.12期連//84,000/6,900/7,000/4,700/144.30/50.00
18.12期連//89,000/7,500/7,600/5,100/156.58/50.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/12/29
執筆者:NI
<DM>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月13日(土)10時42分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。