ミタチ産業<3321>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2018年01月13日(土)09時27分配信
※この業績予想は2018年1月5日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ミタチ産業<3321>

3ヶ月後
予想株価
2,200円

半導体や電子部品のエレクトロニクス商社。主力は自動車やパチンコ向け。電子デバイスやEMS(電子機器受託製造サービス)、組込製品を手掛ける。フィリピンや香港に拠点。18.5期2Q累計は大幅増収、増益と好調。

18.5通期は約20%の増収、約80%の営業増益予想。自動車関連分野の半導体販売が堅調に推移。また、アミューズメント分野と産業機械関連分野の需要が回復。株価は業績の伸長を受けて急伸。今後も上昇基調継続へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.5期連//40,000/1,250/1,350/950/129.25/26.00
19.5期連//42,000/1,500/1,600/1,100/149.65/26.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2018/01/05
執筆者:NI
<DM>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月13日(土)09時27分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。