日本デコラックス<7950>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2018年01月13日(土)20時03分配信
※この業績予想は2018年1月4日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日本デコラックス<7950>

3ヶ月後
予想株価
850円

仕上用建材のメラニン化粧板が主力。インフラ補修に使うケミカルアンカーでは国内トップ。プリント基板向け樹脂積層板なども手掛ける。環境配慮型製品の開発を強化。配当性向30~40%目標。18.3期2Qは足踏み。

プリント基板向け樹脂積層板が好調。だが学校の耐震工事一巡でケミカルアンカーが伸び悩む。メラニン化粧板もトイレブース向けや住宅向けが低調。18.3期は利益足踏みを予想。株価は指標面の割安感からジリ高を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3単/F予/6,200/750/800/600/73.85/28.00
19.3単/F予/6,300/780/830/620/76.32/30.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2018/01/04
執筆者:JK
<DM>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月13日(土)20時03分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。