日本アイ・エス・ケイ<7986>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2018年01月13日(土)20時15分配信
※この業績予想は2018年1月4日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日本アイ・エス・ケイ<7986>

3ヶ月後
予想株価
220円

耐火・防盗金庫や歯科医療機器を手掛ける。書庫ロッカーなどの家具はコクヨ<7984>向けのOEMが中心。金庫は操作履歴機能付指紋認証キーボックスなど高付加価値品を拡販。歯科医療機器は買替需要の取り込み狙う。無借金経営。

マイナンバーを追い風とした金庫の特需が一巡。歯科医療機器も伸び悩む。コクヨ<7984>向けOEMが増加だが、17.12期は営業益横ばいが精一杯か。18.12期は高付加価値金庫や歯科新製品が牽引へ。株価は横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.12連/F予/5,000/400/450/300/16.90/3.00
18.12連/F予/5,200/420/470/310/17.47/3.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2018/01/04
執筆者:JK
<DM>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月13日(土)20時15分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。