中野冷機<6411>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2018年01月13日(土)12時12分配信
※この業績予想は2017年12月29日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

中野冷機<6411>

3ヶ月後
予想株価
5,300円

小売店向け店舗用ショーケース<3909>の製造・販売、物流センター向け大型冷凍・冷蔵設備の施工を手掛ける。セブンイレブン向けが売上高の42%。7~8月の天候不順の影響を受け、17.12期3Qは減収継続で減益幅が拡大。

スーパー・コンビニ向けが低調で17.12期は減収減益基調。しかし、食品小売業界では他店との差別化等を目指した設備投資が堅調。当社業績は計画を上回る推移。18.12期には業績回復を予想。株価は上昇基調に。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.12期連/F予/28,000/2,300/2,370/1,600/293.42/12.00
18.12期連/F予/28,700/2,400/2,470/1,670/306.25/12.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/12/29
執筆者:HH
<DM>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月13日(土)12時12分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。