第一実業<8059>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2018年01月13日(土)11時57分配信
※この業績予想は2018年1月5日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

第一実業<8059>

3ヶ月後
予想株価
3,800円

エンジニアリング商社。エネルギーや化学、製紙等のプラントを始め、自動車関連から食品、薬品等、幅広い分野で機械・設備の輸出入や国内販売を行う。三菱重工との取引が多い。18.3期2Q累計は約8%の営業減益。

18.3通期は二桁の増収の一方、約18%の営業減益予想。ただ、産業機械事業とエレクトロニクス事業の需要が旺盛で、営業利益と経常利益の予想を9月に上方修正。株価は業績回復を背景に持ち直し。上昇基調へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連//177,000/4,800/5,100/3,100/58.23/54.00
19.3期連//180,000/5,000/5,300/3,300/61.99/90.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2018/01/05
執筆者:NI
<DM>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月13日(土)11時57分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。