富士紡ホールディングス<3104>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2018年01月13日(土)09時09分配信
※この業績予想は2017年12月21日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

富士紡ホールディングス<3104>

3ヶ月後
予想株価
4,000円

繊維事業と研磨材事業が2本柱。肌着の「B.V.D」を持ち、半導体関連向け精密加工研磨材を手掛ける。また医薬品や農薬等の生産に必要な中間体の受託製造も手掛ける。18.3期2Q累計は約58%の営業減益と苦戦。

18.3通期予想を下方修正。約40%の営業減益。構造改革が進む繊維事業は好調の一方、研磨材事業や化学工業品事業が期初の予想を下回る見通し。株価指標に割安感は少ないが、株価は急落後、徐々に持ち直しへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連//3,800/4,200/4,500/2,900/253.52/90.00
19.3期連//40,000/4,600/5,000/3,200/279.96/90.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2017/12/21
執筆者:NI
<DM>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月13日(土)09時09分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。