扶桑電通<7505>のフィスコ二期業績予想

フィスコ 2018年01月13日(土)18時48分配信
※この業績予想は2018年1月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

扶桑電通<7505>

3ヶ月後
予想株価
4,200円

パートナー契約している富士通製品の販売・施工・保守が主力。東京五輪に向けたICT需要の獲得を狙う。配当政策変更し、1株配80円を下限として配当性向35%を目安に。株主優待制度も導入。17.9期は振るわず。

自治体向け総合行政システムなどが堅調。OA機器販売や保守サービスもしっかり。ICTの課題解決を支援するICTコンビニサービスの強化を図る。18.9期は利益反発へ。増配。株価は還元強化を材料にジリ高を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.9単/F予/38,000/500/600/400/278.51/95.00
19.9単/F予/38,500/530/630/420/292.44/100.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ<3807>予想

執筆日:2018/01/03
執筆者:JK
<DM>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月13日(土)18時48分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。