【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(1):◆ブルームーンの追憶◆

フィスコ 2018年01月14日(日)09時40分配信
〇月2回の満月、連想は働くか〇
1月2日は満月、月が地球に接近するスーパームーンだった。先週 後半の地震頻発には、その影響があったと思われるが、時間差が あり、誤報の緊急地震速報で済んだ印象だ。実は、今月は31日も 満月。月2回目の満月は俗称「ブルームーン」と呼ばれる(正しく はキリスト教で四季のうち4回満月ある時の3回目を指すようだが、 天文雑誌が誤って伝え、定着してしまったそうだ。文字通りの「青 い月」現象は火山噴火塵の影響とされる)。3月も月2回の満月で、 間の2月は満月が無い(月齢と太陽暦の差で生じ、地域で異なる場合 がある)。
この1月と3月に2回の満月パターンは1999年以来(日本では2010年 にもあったが、世界同時でない)。1999年と言えば、「98パソコン」 の爆発的ブームで、ネットバブルが急加熱した。実態は、2000年問題 に対応すべく、米FRBを中心に先進各国が金融緩和を行ったためで、 前年までのアジア危機、LTCM破綻への対処でもあった。翌2000年、 うるう日通過(日本は年度末までケア)で引き締めに転じ、あえなく バブルは弾けるが、光通信<9435>24万1000円、ソフトバンク<9984>19万8000円、 ソニー<6758>3万3900円などの記録が残る。バブル崩壊直前の2000年2月設定 の「1兆円ファンド」は今も投信業界に傷痕を残すとされる。 バブル心理に「ブルームーン」が影響したかどうかは定かでないが、 「月の魔力(引力)」は狼男(女)を増やしたかも知れない。 1999年の日本の記憶では、メガバンク(みずほと三井住友)が誕生した。

銀行大再編は銀行を中心とした株式持ち合い構造破壊を加速、「木の葉 が舞い上がり、石が沈む相場」(80年代バブルの逆)と称された。最も安 定した株と言われた東京ガス<9531>は2000年3月に200円割れ(199円)を記録。
アジアの記憶では、97年からのIMF危機最中の韓国で、財閥第2位の大宇 グループが破綻した最終局面。以来、極端な外需依存、外資支配構造を 余儀なくされている。欧州では1月にユーロ導入、米国では11月にグラム ・リーチ・ブライリ—法(商業銀、投資銀、証券、保険の統合を許可)。 なお、大地震は1月コロンビア、8月トルコ西部、9月台湾中部。 類似の事が起こるか、チェックポイントとなろう。

数字の遊びだが、1999年1月相場は安値5日、高値月末29日の上げ相場。 高値14499円の大納会比上昇率は4.75%。同率で今回の計算値は23846円。
月内は24000円以上で目先的な心理的抵抗感が増す可能性が考えられる。 同様に、3月は19日高値で同率計算値は26937円、12月は30日高値で同 31140円となる。ネットバブルを上回る勢いとなるかの目安になろう (最高値は翌2000年4月12日20833円で+50.5%、今回計算値は34263円。 金融引き締め転換に加え、4月の日経平均株価<.N225>採用銘柄大幅入れ替えのおまけ が、日経平均株価<.N225>を壊したと揶揄された)。

バブル警戒論も散見される新春相場ダッシュだが、バブルかどうかは弾け てから判る。道中は不用意な売り方も飲み込まれる。流れの強弱(いわゆ る日柄)や社会・経済情勢とのアンバランス感などにも目配りしたい。


以上

出所:一尾仁司のデイリーストラテジーマガジン「虎視眈々」(17/1/9号)

<CS>
フィスコ
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年01月14日(日)09時40分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。