◎〔東京貴金属〕金、NY安と円高映し反落=白金は反発(19日)

時事通信 2017年06月19日(月)15時50分配信
 金は反落。終値は、中心限月2018年4月先ぎりが前週末比11円安の4462円、ほかは4〜12円安。日中立ち会いは、円相場の引き締まりを受け、売りが先行して始まった。その後も、ニューヨーク金先物相場の弱含みを眺め、やや水準を切り下げた。東京ゴールドスポットは4円安の4463円。  銀は期先が軟調。  白金は反発。NY高を映し高寄りした後は、決め手を欠き、小動きで推移した。18年4月先ぎりが16円高の3323円、ほかは4〜20円高。プラチナスポットは19円高の3319円。パラジウムは方向感を欠き、26円安〜25円高とまちまちで引けた。(了) [時事通信社]
時事通信
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年06月19日(月)15時50分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。