◎〔ロンドン金属〕非鉄、さえない=北朝鮮情勢が重しに(10日)☆1

時事通信 2017年08月11日(金)09時09分配信
 ▽銅=直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで47.75ドル安の6416.25ドル、3カ月物は49.75ドル安の6444.25ドル。カーブ取引終値は32.00ドル安の6423.00ドル。  非鉄相場はさえない。北朝鮮情勢の緊迫化を受けて投資家のリスク回避姿勢が強まる中、銅や鉛、亜鉛、スズが売られた。一方、アルミは4日続伸。中国の生産削減策で供給が減るとの思惑から引き続き堅調だった。ニッケルも続伸し、3月上旬以来約5カ月ぶりの高値。  CMCマーケッツのアナリスト、デビッド・マッデン氏は銅相場について「9日発表の中国の物価関連指標が市場予想をわずかに下回ったことが利食い売りを出す格好の理由になっている。北朝鮮情勢の影響は大きいわけではないが、それでもやはり紛争の恐れがある状況では買いが活発になるとは考えにくい」と語った。  ▽アルミ=直物は6.00ドル高の2023.50ドル、3カ月物は6.75ドル高の2030.25ドル。カーブ取引終値は9.50ドル高の2037.00ドルだった。  ▽ニッケル=直物は57.50ドル高の1万0765.00ドル、3カ月物は75.00ドル高の1万0830.00ドル。カーブ取引終値は235.00ドル高の1万0985.00ドル。  ▽鉛=鉛の直物は10.25ドル安の2357.00ドル、3カ月物は13.50ドル安の2377.00ドル。カーブ取引終値は16.00ドル高の2366.00ドル。 (CN82に続く) [時事通信社]
時事通信
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年08月11日(金)09時09分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】