◎〔NY金市況・詳報〕4日続伸=米朝緊迫や弱い米インフレ指標受け(11日)

時事通信 2017年08月12日(土)07時09分配信
 【ニューヨーク、ヨハネスブルク・ロイターES=時事】11日の金現物相場は4営業日続伸。米朝間の緊張が高まる中、投資家のリスク回避姿勢が強まり、2カ月ぶりの高値を付けた。弱い内容の米インフレ指標も支援材料となった。  金現物は米東部時間午後2時3分(1803GMT)時点で、0.2%高の1オンス=1287.91ドル。一時、6月7日以来の高値となる1291.86ドルを付けた。週間では4月半ば以来の上げ幅となる見通し。  先物の清算値は0.3%高の1オンス=1294.00ドル。  クオンティテーティブ・コモディティー・リサーチのピーター・ファーティグ氏は「北朝鮮に関するトランプ米大統領の10日夜の発言を受け、安全資産への逃避が続いている」と指摘。「こうした米朝間の緊張がすぐに和らぐことはないとみられ、金相場の下支えになりそうだ」と述べた。  キャピタル・エコノミクスは「トランプ大統領の発言が、以前のように言葉の応酬にすぎないと判明した場合、投資家の注目が米利上げに戻り、金相場が下落しても不思議ではない」との見方を示した。  米労働省が発表した7月の消費者物価指数(CPI)上昇率が市場予想を下回ったことも、金相場にプラスとなった。(了) [時事通信社]
時事通信
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年08月12日(土)07時09分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】