◎〔東京ゴム〕大幅続落=上海安と円高映す(15日)

時事通信 2017年09月15日(金)15時51分配信
 大幅続落。終値は、中心限月2018年2月先ぎりが前日比6円70銭安の221円20銭、ほかは6円〜6円90銭安。日中立ち会いは、為替の円高・ドル安と上海ゴム相場の軟調を映して安寄りした。その後、円相場は引き緩んだが、上海相場の下落を眺めて買い持ちの整理が継続、下げ幅を拡大した。(了) [時事通信社]
時事通信
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)15時51分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。