◎〔NY石油〕WTI、上伸に転じる(14日午前10時40分)

時事通信 2018年02月15日(木)00時49分配信
 【ニューヨーク時事】14日午前のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米エネルギー情報局(EIA)の週報を受けて買い戻しが入り、プラス圏に浮上した。米国産標準油種WTIの中心限月3月物は午前10時40分現在、前日清算値比0.53ドル高の1バレル=59.72ドルで推移している。  EIAが発表した石油週間在庫統計では、原油在庫が180万バレル増と、増加幅は市場予想(ロイター通信調べ)の280万バレル増を下回った。これを受けて、需給不均衡に対する懸念が後退したことから買われ、原油相場は下げ幅を圧縮した。  またEIA週報によると、ガソリン在庫は前週比360万バレル増(予想は120万バレル増)、ディスティレート(留出油)在庫は50万バレル減(同110万バレル減)だった。(了) [時事通信社]
時事通信
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年02月15日(木)00時49分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。