◎〔ロンドン金〕4日続伸(15日)

時事通信 2018年02月16日(金)01時38分配信
 【ロンドン時事】15日のロンドン自由金市場の金塊相場は4日続伸した。1オンス=1351.70ドルと、前日終値比3.88ドル高で引けた。  金塊相場はドル安を眺めた買いやリスク回避の買いで上昇し、動きは鈍いながらも終日堅調に推移した。CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「金は最近のレンジの上限付近にいるが、きょうは1352ドル近辺で横ばいだった。目先、上下どちらかに大きく動くとは見ていない」と語った。  金塊は、1352.59ドルで寄り付き、午前は1353.70ドルで値決めされた。午後の値決めは1352.45ドル。(了) [時事通信社]
時事通信
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年02月16日(金)01時38分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。