◎〔東京小豆〕先ぎりが7営業日続伸=需給引き締まり観測映す(15日)

時事通信 2018年02月15日(木)10時40分配信
 7月先ぎりが7営業日続伸。終値は、先ぎりが前日比100円高の1万3740円、5月きりが210円高、6月きりが60円高。2月当ぎりは20円安で、ほか2限月は約定しなかった。大豆などへの転作進展で需給が引き締まるとの観測が根強い中、期先限月に小口の買いが入った。(了) [時事通信社]
時事通信
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年02月15日(木)10時40分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。