インプラント工法の技研製作所が東証1部上場

建通新聞 2017年06月19日(月)09時16分配信
 技研製作所<6289>(高知県高知市)は9日、東京証券取引所から承認を受け、東京証券取引所市場の第1部に指定された。第1部銘柄の指定日は6月30日。  北村精男社長は「1975年に世界で初めて圧入原理を実用化した無公害杭圧入引抜機『サイレントパイラー』を発明し、今年で創業50周年を迎えた。開発してきた圧入機と圧入工法(インプラント工法)は社会基盤整備や防災インフラの構築・補強工事に必要不可欠な技術にまで進歩した」とこれまでを振り返った。  今後については「創業以来培ってきた発明力、開発力、解決力で世界の建設を変革する『工法革命』をさらに推進し、新生建設業界の先導役として建設の未来を切り開きたい」と意欲を示した。
建通新聞
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年06月19日(月)09時16分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。