電設協、10月12日に金沢で会員大会

建通新聞 2017年09月15日(金)14時33分配信
 日本電設工業協会は、2017年度会員大会を10月12日に金沢市で開く。今大会では、新アクションプラン(16~19年度)に基づき、「行動する電設協として『夢と生きがいのある電設業界』を目指す」ことを決議する。  また、政府が策定した「働き方改革実行計画」で、罰則付きの時間外労働の上限規制を、改正労働基準法など関連法の施行後5年の猶予期間を経て建設業に適用する方針が示され、今秋の臨時国会で「働き方改革関連法案」が審議される見通しになっていることを踏まえ、長時間労働の是正や休日の確保に向けた「働き方改革」に積極的に取り組むことも申し合わせる。  電設協は、会員大会の前に臨時総会を開き、定款の一部改正について審議するとともに、山口学会長の退任に伴う役員の補選も行う。
建通新聞
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)14時33分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。