世田谷区 塚戸小で増築棟を整備

建通新聞 2018年02月13日(火)09時43分配信
 世田谷区は、塚戸小学校に増築棟を整備する。隣接する塚戸幼稚園(千歳台6ノ7)の敷地の一部(約1000平方㍍)に建設するとともに、同校の校庭としても活用する。2018年度に設計の成果を得て、19年度に既存建物の除却から工事に着手。20年度に完了する予定でいる。  増築棟の規模は鉄骨造平屋約300平方㍍で、新BOP室(2室)、事務室、倉庫、トイレなどを設置する。  塚戸幼稚園が18年度末に閉園するため、その敷地を塚戸小の拡張用地と、認定こども園の整備用地(約1600平方㍍)に充てる方針を打ち出していた。
建通新聞
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年02月13日(火)09時43分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。