社保加入の許可要件追加で答弁書

建通新聞 2018年02月13日(火)12時32分配信
 政府は2月13日、社会保険加入を建設業許可要件に追加することに関する答弁書を閣議決定した。国土交通省は1月に開いた「建設業社会保険推進連絡協議会」で許可要件を見直す考えを示しているが、答弁書では、具体的な内容は検討中と回答するにとどめた。誤った加入指導が一部で行われているとの指摘に対しては、法令上加入義務のある「適切な保険」の範囲を引き続き周知すると答えた。  立憲民主党の日吉雄太衆院議員の質問主意書に対する答弁。質問主意書は、建設業法を改正し、建設業許可要件に社会保険加入を追加することに対し、見解を聞いたもの。1月の協議会では、下請けを加入企業に限定する「民間建設工事標準請負契約約款」を改正する考えも示されたが、いずれも検討中で回答する段階にないとした。  また、質問主意書では、適正に国民健康保険組合に加入している企業に、協会けんぽへの加入を求める誤った指導が行われていると指摘。答弁書では、国交省の「社会保険の加入に関する下請け指導ガイドライン」が、法令上加入義務のある保険への加入を求めているとした上で、加入すべき「適切な保険」の範囲を引き続き周知すると答えた。
建通新聞
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年02月13日(火)12時32分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。