都 18年度トライアル発注の募集開始

建通新聞 2018年02月13日(火)17時06分配信
 東京都産業労働局は「トライアル発注認定制度」に基づく2018年度の認定事業者(商品・サービス)の募集を開始した。都内の中小企業が生産・提供する、販売開始から5年以内の物品・サービスが対象で、既存の商品などと異なる優れた使用価値があるか、技術の高度化や生産性の向上などに役立つかといった基準で審査会が選定する。建設工事での工法・技術などは対象外。4月6日まで申請を受け付け、書類審査や訪問調査などを経て8月に決定する。認定した商品・サービスについては都のホームページを通じて紹介するとともに、都の機関が試験的に購入(導入)することで普及を支援する。詳細を産業労働局のホームページ(http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/chushou/shoko/sougyou/trial/)に掲載している。
建通新聞
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年02月13日(火)17時06分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。