合同製鐵 鉄筋継手の全サイズでSA級取得

建通新聞 2018年02月14日(水)10時26分配信
 合同製鐵<5410>(東京都千代田区)の機械式鉄筋継手「EGジョイント(標準タイプ)」と「EG打継ジョイント(ナットレスタイプ)」の全サイズについて土木研究センターの性能評価試験でSA級の評価を得た。  SA級は、土木学会の鉄筋定着・継手指針2007年版に準拠した「継手単体の性能評価」のうち、▽強度▽剛性▽伸び能力▽すべり量―に関する性能が4階級で最も高い評価。  同製品は、鉄筋端部に摩擦圧接で接合したねじを相互につきあわせ、カプラーで一体化を図る継手。グラウトが不要でトルクレンチで締めるだけで鉄筋を接合できることから、産業廃棄物を排出せず、工期短縮が図れるという。  また、同技術はNETISにも登録されている。番号はKT―160128―A。  問い合わせは電話03<5218>7093。
建通新聞
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年02月14日(水)10時26分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。