江戸川区 18年度から古川親水公園を整備

建通新聞 2018年02月14日(水)18時20分配信
 江戸川区は、2018年度、19年度の2カ年で古川親水公園を整備する計画だ。実施設計は虹設計事務所(世田谷区)に委託し、3月15日までにまとめる。  18年度には、子どもが水辺で遊ぶことができるジャブジャブ池を2カ所整備する。場所は二之江神社と野瀬文橋の近くを想定している。既存の水路を活用し、子どもが安心して遊べるようになだらかな浅瀬に改修。夏期に稼働する濾過施設を設置する予定だ。着工時期は、7月末に開催する古川祭りの後になる。19年度には、既存の浄水場を撤去する  同公園では、旧江戸川の水を浄水場で浄化し、公園内の水路に引き込むことで、どのエリアでも水遊びができる環境を確保してきたが、維持費がかさんでいた。今回の整備で水遊びのエリアをジャブジャブ池の2カ所に絞り込み、コストを削減する。  所在地は江戸川5、6丁目。敷地面積は1万0688平方㍍。
建通新聞
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2018年02月14日(水)18時20分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。