資生堂が上場来の高値、マイクロソフトとのアプリ開発など注目される

日本インタビュ新聞 2017年06月19日(月)09時45分配信
■GS証券が目標株価を大幅に引き上げたことも材料視  資生堂<4911>(東1)は19日、取引開始後に4046円(65円高)をつけ、連日の上場来高値更新となった。16付で日本マイクロソフトとテレビ会議の画面に映る顔の見栄えをよくするアプリを開発したと発表して注目されたほか、同日には、ゴールドマン・サックス(GS)証券が投資判断を引き上げ、目標株価もそれまでの2500円から一気に4600円に引き上げたことなどが好感されている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)
日本インタビュ新聞
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年06月19日(月)09時45分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】