【銘柄フラッシュ】アイルなど急伸し株価2ケタ銘柄の上げも目立ちエス・サイエンスは4年ぶりに3ケタ回復

日本インタビュ新聞 2017年06月19日(月)17時10分配信
 19日は、株価2ケタ銘柄の上げが目立ち、東証1部の値上がり率1位はエス・サイエンス<5721>(東1)となり、ストップ高の38.0%高となり2013年5月以来の3ケタ(100円台)回復。ニッケル市況の回復などが言われたが、同じく2ケタで株式を持ち合う東理ホールディングス<5856>(東2)も再び急伸し35.3%高。日経平均株価<.N225>の2万円台回復を受け、地殻の底上げ運動のように低位株に買いが波及しやすくなるとされ、腕力に自信のある資金集団が注力との見方。同じく2ケタのティアック<6803>(東1)は6.8%高、日東化工<5104>(東2)は6.0%高。  KLab<3656>(東1)は主力ゲームの国内ユーザー数2100万人突破などが好感されて17.4%高となり東証1部の値上がり率2位。ゼリア新薬工業<4559>(東1)は自社株買いなどが好感されて11.1%高となり東証1部の値上がり率3位。  シリコンスタジオ<3907>(東マ)は今11月期に黒字転換を見込んでおり、5月中間期に注目との見方が再燃し18.8%高。弁護士ドットコム<6027>(東マ)は国内初のクラウドによるWeb完結契約システム「クラウドサイン」の累計契約件数8万件突破などが好感されて13.6%高となり活況高。  東洋合成工業<4970>(JQS)は半導体製造向けの好調などが言われて7.7%高と年初来の高値。アイル<3854>(JQG)はブロックチェーン技術開発などを行うシビラ(大阪市)との資本業務提携が好感されてストップ高の25.6%高となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)
日本インタビュ新聞
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年06月19日(月)17時10分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】