【業績でみる株価】ベリテは年初来高値に接近、18年3月期大幅営業増益予想

日本インタビュ新聞 2017年07月17日(月)17時52分配信
 ダイヤやネックレスを中心とする宝飾品・時計等の小売大手であるベリテ<9904>(東2)の18年3月期は営業大幅増益予想である。そして6月の既存店売上高は105.7%と好調に推移している。株価は水準を切り上げて5月の年初来高値に接近している。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。 ■18年3月期大幅増益予想、6月の既存店売上高は105.7%と好調  18年3月期の非連結業績予想は売上高が17年3月期比1.8%減の83億80百万円、営業利益が同70.6%増の5億円、経常利益が同69.7%増の4億70百万円、純利益が同7.7%増の2億80百万円としている。  店舗数の減少などで減収予想だが、既存店の好調、仕入ルート見直しによる原価低減、経費削減などの効果で大幅営業増益予想である。  月次売上(速報値)によると17年6月は全店101.0%、既存店105.7%と好調だった。また第1四半期(4月~6月)で見ても、全店101.0%、既存店103.3%と好調に推移している。既存店は客数が104.7%と回復傾向を強めている。既存店の好調が牽引して通期の非連結業績予想に増額余地がありそうだ。 ■株価は水準切り上げて年初来高値に接近  株価は徐々に水準を切り上げている。7月6日には165円まで上伸して5月の年初来高値169円に接近する場面があった。週足チャートで見ると26週移動平均線がサポートラインの形だ。そして13週移動平均線も上向きに転じた。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。(MM)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)
日本インタビュ新聞
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月17日(月)17時52分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】