ズームの12月期第2四半期は営業利益1億35百万円、ハンディビデオレコーダーなど新機種効果が寄与

日本インタビュ新聞 2017年08月11日(金)18時45分配信
■プロミュージシャンや音楽マニア向け  ズーム<6694>(JQS)は10日、17年12月期第2四半期連結業績を発表し、新機種効果などから売上高29億87百万円、営業利益1億35百万円、経常利益1億8百万円、四半期純利益83百万円で着地した。  同社は、プロミュージシャンや音楽マニア向けにハンディオーディオレコーダーなどの電子音響機器を製作・販売しており、自社では研究開発に専念し、生産は、工場を持たないファブレス企業として中国企業に委託しており、売上のうち海外売上げが、17年12月期第2四半期実績で87.4%を占める  製品カテゴリー別に見ると、ハンディオーディオレコーダーは、同カテゴリーの最上位モデルであるH6の販売が好調であったことなどにより、売上高は14億42百万円となった。ハンディビデオレコーダーは、前期から販売を開始したQ2nの販売台数が予想を上回ったことなどにより、売上高は3億54百万円となった。マルチトラックレコーダーは、競合の製品が殆どないことから同社グループの製品には依然として一定の需要があり、売上高は1億35百万円となった。  今17年12月期業績予想は、売上高が60億19百万円(前期比0.8%増)、営業利益が2億29百万円(同3.7%増)、経常利益が2億99百万円(同45.9%増)、純利益が2億38百万円(同33.3%増)を見込む。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)
日本インタビュ新聞
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年08月11日(金)18時45分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】