レカムの第3四半期業績は3事業ともに順調に推移し、2ケタ増収の大幅増益で黒字転換

日本インタビュ新聞 2017年08月13日(日)16時51分配信
 レカム<3323>(JQS)の第3四半期業績は、3事業ともに順調に推移し、2ケタ増収の大幅増益で黒字転換となった。  今期17年9月期第3四半期連結業績は、売上高36億77百万円(前年同期比17.7%増)、営業利益1億38百万円(前年同期△22百万円)、経常利益1億33百万円(同△17百万円)、純利益88百万円(同△28百万円)となった。  同社は、情報通信事業、BPO事業、海外法人事業の3事業を展開している。  3事業の業績を見ると、情報通信事業は、売上高31億32百万円(同6.8%増)、営業利益62百万円(前年同期△34百万円)と増収増益で黒字転換。  BPО事業は、売上高2億50百万円(同63.8%増)、営業利益37百万円(同15百万円)と大幅増収増益。  海外法人事業は、売上高2億94百万円(前年同期比658.7%増)、営業利益38百万円(前年同期01百万円)と大幅増収増益であった。  今期17年9月期通期連結業績予想は、売上高56億50百万円(前期比27.8%増)、営業利益3億円(同141.5%増)、経常利益3億円(同206.9%増)、純利益1億90百万円(同250.5%増)を見込む。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)
日本インタビュ新聞
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年08月13日(日)16時51分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】