力の源HDが後場急伸、株式分割を好感し連続最高益などの好業績を再確認

日本インタビュ新聞 2017年09月15日(金)13時03分配信
■正午前に9月30日を基準日とする株式分割(普通株式1株を2株に分割)を発表  力の源ホールディングス<3561>(東マ)は15日の後場急伸し、取引開始後に7%高の2137円(146円高)まで上げて出直りを強めている。博多ラーメン「一風堂」チェーンなどを運営し、11時30分に9月30日を基準日とする株式分割(普通株式1株を2株に分割)を発表、買いが殺到した。業績は連結純利益などが続けて最高益を更新する見込み。5月には2500円台があり、全体相場を取り巻く外部環境などが安定化すれば高値を更新しても不自然ではないと注目する様子がある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)
日本インタビュ新聞
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)13時03分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。